決めて境界をつくる

例えば、「要領のいい人が許せない」という気持ちがあって、
職場でそういう人がいると、いやにそこが目に付き、モヤモヤして、どうしても批判したくなるとして…。

批判している時には、「私は周りのことを考えて、誠実に一生懸命仕事をしているのに」と心の中で叫んでいる。

ところが同時に、「要領よくできない自分はダメだ」とも思っている。

こうなると、その人との間に磁力(引き合い)が起き、
磁力が発生すると、自分の境界内に相手のエネルギーの侵入を許してしまうことになる。

この磁力を断ち切るには、

「決断」すればいい。

「決めて」「断つ」。

なにを決断するのか。

「私は周りのことを考えて、誠実に一生懸命仕事をしていく!」

そう改めて決断し、その通りに体現していく。

そもそも、そんなに要領よく振舞えない人間だということは、
一番自分が知っているはずなのだから。

他の人と同じようにならなくていい。
他の人と同じようにできなくていい。

それがわかってから、ストレスが急激に減った。

私は、私が知っている自分で生きていこうと決める。
何度も決め直す。

[PR]
by tarakosun | 2018-08-26 12:07

思い込みと現実化

以前にも、「思い込みが人生脚本になる」というテーマに触れた。
バシャールも、観念が病気を作ると言っている。

…となると、ネガティブな現実が起きるということは、
自分の内側に、同じようにネガティブな思い込みがあるということで、
そうすると、「ネガティブな思い込みを持っている自分はダメだ」という論法になって、
結果、自分を否定することになる。

そうするとどうなるか。

また、自分が否定される現実が起きる。

そう。
否定して終わったのでは、思い込みの強化になるだけ。

その先が大事。

そもそも、なぜ思い込みが現実化する仕組みがあるのか。

それは、現実の出来事を通して、感情を感じることで、感情解放ができるし、
「二度とこんな気持ちになりたくない!」と決意を固めることができる。

それに、私たちは、どこかで被害者ぶりたくて思い込みにすがったり、
現実に立ち向かう中で、自分をさらに強くしたり、思わぬ助けを与えられて、それが人生を豊かにすることもあって、
いろんな恩恵も与えられている。

思い込みを変えるには、自分が何を選択するのか。ただそれだけ。

被害者でいるメリット(周りから「大変だね」「よくやっているね」と言われたいなど)を選択するのか、
より楽になるメリットを選択するのか。

「そりゃ、楽になる方を選択するでしょ。でもそうできないから悩んでいるんです」とツッコミたくなるが、
そこで次の問いかけ。「なぜ、できないと思うのか?」「それをしたら何が起きるのか?」

「したいけどできない」という状態は存在しない。それは「したくないだけ」。
アドラーはそう考える。

人はいつだって「自分を守る方」を選択しているから。
つまり現状を変えない事が自分を守れると思っているんだよね。
現状を変えることが怖いんだよね。

怖いことは悪いことかな?

怖くてもいいんじゃないかな?

怖くても何かひとつくらい出来ることがあるんじゃないのかな?

怖がりながらも、今までと違う選択をした者だけが、新たな景色を目にすることができる。
これもまた法則。








[PR]
by tarakosun | 2018-08-02 11:31

自然治癒力学校代表のおのころ心平氏の新刊、『未来人に教えてもらった病気の秘密―人類に病気がなくなる世界』は、
宇宙存在のバシャールとの対談が掲載されている。

その一部がYouTubeにアップされていて、その内容がとても興味深い。


「病気は、その人本来の生き方からズレた観念が引き起こす」。
これはユングの考えにも共通している。

私自身も、自分の病気や不調を通じてそう感じる。

例えば、「人生には苦しみが必要だ」というような観念。
以前の私もそうだった。
つらい出来事を自分の勲章にして、よく苦労自慢をしていたし、
人と同じようにやれない自分を責めて、かなり無理をして来た。

結果、身体を壊して、大好きな仕事を失い、家族に心配をかけてしまったのだが、
陰は陽の始まりで、そこから私の観念の転換が始まった。

バシャールは、その観念に気づくためのツールとして、ヒプノセラピーというワードを口にしていて、
さらに、簡単に観念を修正する方法としては、波動医療だと明言している。

ヒプノセラピーという古くてアナログな方法が、バシャールから語られるとは考えてもみなかったので、
思わず心の中で手を合わせた。

そして、波動医療。
波動とは周波数のこと。
音叉ヒーリングも周波数を整える。
これまたうれしい。

ドイツなどでは、すでに波動医療が行われていると聞いたことがあるが、
やはり医学先進国だな~。

日本にもその波が来て欲しい。



[PR]
by tarakosun | 2018-08-02 10:24

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記