2016年仕事納め

きょうで今年の仕事が終了しました。

新しいセラピールームに引っ越して半年。
クライアントさんがくつろげる空間になるのかと不安でしたが、
「落ち着きます」や「清々しいです」という感想をいただき、
ホッとして、仕事を続けることができました。

きょうは、部屋に向かってお礼を言いました。

そしてまた、セラピーに通ってくださったクライアントのみなさま、
セミナーやイベントで、一緒に学び、楽しんでくださったみなさま、
ありがとうございました。

今年は今までに増して、感情についてより深く知ることができ、
「なるほど、そういうことだったんだ!」と、
脳の中でつながったことがたくさんあった一年でした。

そしてその気づきをセミナーの中で伝える、という流れもできて、
自分の中で、新しい循環が築けた気がします。

トラブルや嫌なことが起きる度に、自分がまだまだつらい感情を抱えていること、
劣等感が強いこと、それによって誤作動を起こしていることなどに気づき、
そこを修正することによって、いくつもの課題がクリアできました。

「問題」なんてないんだ。
ただ自分が成長するチャンスがやって来ているだけなんだ。
と、より強く確信した年でもありました。

来年はさらに学びを深め、
それをまた周囲に伝えたいと思っています。

そして、女性たちが気軽に集える事業もいろいろと考えていこうと思っています。

競争原理が行き詰り始めた今、女性エネルギーによる転換が必須。
独り勝ちの時代から、つながり合い、支え合う、winwinの関係へ移行しています。

やさしさは単体では弱い。強さに裏打ちされたやさしさを育てよ!
私の中のジャンヌ・ダルクが出番を待っています。








[PR]
by tarakosun | 2016-12-29 22:21

昨日、12月18日(日)は、
自称「根暗女子」が集っての瞑想&ランチ会。

56歳の私が主催していて「女子」はどうかと思うが、
何歳であっても、「女子トイレ」に入るんだからいいだろう。

さすが根暗女子は、「今、何が流行ってる」とか「○○の行列に並んだ」とかという話にはならない。

自分にどんな転機があったか、これまでの職場でどんな人間関係だったか、などの話。
だいたい失敗談。
そこに共感して、「わかる、わかる」となる。

「傷の舐め合い」と言われればそれまでだが、
根暗女子はそれだけでまた頑張れる健気な生き物なのだ。

離婚、子どもの不登校、うつ、適応障害、理不尽な思い…。
根暗女子はどん底を体験しているから、
もうこれ以上落ちないことも知っているツワモノでもある。

瞑想で感情を感じ、音叉で周波数調整を完了。
そして、vege.a.zee(ベジアジ)さんの体をいたわるランチとスイーツで仕上げ。

メニューは、
雑穀米、大根のポタージュ、ベジバーグ、野菜の盛り合わせ、豆富クリームのスイーツ。

c0149187_2156594.jpg


大好評のランチには、「次は料理教室も!」という声もいただき、
企画が広がっていく予感がしています。。。

次回は、コラージュ療法×スイーツパーティーです。

[PR]
by tarakosun | 2016-12-19 17:30

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記