築40年以上経っている中古住宅をリフォームするのは、
結構費用がかかる。

新築した方がいいような…。

でも取り壊しにも150万円はかかるそうで。

こうなったら、経費の節約のために、自分でできることは自分でやるぞ!

まずは台所から。

北向で暗く、ガスレンジや流し台も古く、汚れている。

システムキッチンの総入れ替えをしたいところだが、
断念して、自力でリフォーム。

木目調のパネルで、かなりグレードの高いキッチンのようだ。

でも、このダークブラウンの色調が部屋を暗くしているので、
その扉や引き出しを全部外して、思い切って白で塗り直した。

トールペインティングのおかげか、ペンキに対して妙な親近感。

掃除も完璧。明るくなりました!

c0149187_16554688.jpgc0149187_16574720.jpgc0149187_16582955.jpgc0149187_16591020.jpgc0149187_16592932.jpg
[PR]
by tarakosun | 2015-11-26 17:05

知人からマンゴーをいただいた。
丸のままのマンゴーを手にしたのも、食べるのも初!

切り方は確か、縦横に包丁を入れて開くんだよね。
やってみよう。

ということで、切ってみました。

そして食べてみました。
…やばい! おいしすぎる!c0149187_21365211.jpg

ところで、
最近受け取ったメルマガの内容↓↓↓↓↓↓

『先月から年末にかけて、ゆっくりと全ての人にギフトが手渡され始めます。

そのギフトの正体は、あなたの中にある『愛』が具現化したものになります。

それは、自分を愛するために努力した人は、出会いやパートナーシップという形になり
豊かになろうと努力した人は、様々な豊かさや経済的な豊かさという形となり
喜びを表現しようと努力した人は、仕事や趣味が新しい形となって
あなたの元にやってくるということになります。

先月から今月にかけて、すでにギフトを受け取った人は、ギフトを堪能する間もなく
もうすでに次の流れに入っていきます。

その流れとは、受け取ったギフトを手に、どんなステージで生きるかという外界との関係についてなのですが、
言い方を変えれば、自分が見出した大切なものを持って、どんな人とそれを分かち合いたいかや
誰に伝えたいか、というような想いから始まり自分の世界をどのように心地よくしていきたいか
という事へとつながっていきます。』


「先月から手渡されているギフト」と言えば、やっぱり、中古物件のことだろう。

そして、このギフトをどう使うか考えろってことだよね。

まだまだ空想の段階だけど、

子育て中の人が集まる場
ひきこもりの子どもが集まる場
料理教室
お茶のみの場
いろんな教室…。

何ができるかわからないが、もう漕ぎ出したから肚を決めた。

思い通りに実現できる力が自分にはあるんだ!
そう信じて進んでいくよ。
[PR]
by tarakosun | 2015-11-13 21:38

開業当初、1階8畳の和室をプチリフォームをして、セラピールームとしていたものを、
2年前に2階の12畳の洋室に移転して、現在に至っているのだが、
別の所に独立したセラピールームや、人が集えるセミナールームがあったらいいな~と、
ずっと物件を探していた。

毎週金曜日に新聞に折り込まれるハウジング情報を、目を皿のようにして何度も見て情報収集したり、
住宅見学会があれば見に行ったりしていたが、
アパートやマンションだと、駐車場やトイレが1つしかないからだめだし、
一戸建てなど買える経済力もなく、夢物語で終わっていた。

ところが何と、裏の家が空き家になり、購入の話がウチに来たのだ!

こんな近くに!

こんないい条件で!

家は古く、たぶん築40年くらいだと思うが、
よく見ると、何とも味わいのある建物だ。

これまではほかの人の家だと思っていたから、よく見たこともなかったから何も感じなかったけど、
初めてじっくり見て、今住んでいる家とは違う風情を感じる。

とは言え、またローンを組むのかと思うと、不安がよぎって胸が苦しくなり、
せっかくのいい話がいい話に思えなくて、逆に悩みの種になってしまったのだが(笑)、
悶々としていたら、内面からこんな声が聴こえた。

「あなたが望んだ未来を、今、実現してあげたのに、受け取らないのかね?」

いけない、いけない。
望んでいながら、その場がやってくると怖気づいてしまう、私の悪い癖だ。

夫はというと、違う意味でためらっていた。

「裏の人の力になってあげたわけでもなく、
深い交流もしてこなかった自分が、いいとこ取りをしてもいいのだろうか」
そんな罪悪感があったのだそうだ。

お金のことばかり心配している私と、何と次元の違う悩みなんだ!

同じ現象を前にして、こんなに違う反応なのかと、
小さい自分と、大きい夫の対比に、笑いさえ込み上げた。

お互いの気持ちを確認し、話し合ったところで、
「ありがたく受け取ろう」と二人で決意。

…ということで売買契約も終了し、昨日は地鎮祭と相成った。

宮司さんの通る声で祝詞が読み上げられると、
その声の振動が家中に響き渡り、隅々まで広がっていった。

そのうち、何とも言えない気持ちになり、涙まで出てきてしまい、夫に気づかれないように泣いた。

なぜそんな風になったのかわからなかったが、一言でいうなら、神々に対する畏敬の念、なのだろう。
そういえば、伊勢神宮に参拝した時と同じような感じだった。

神様に報告し、許可を得たので、いよいよリフォーム開始。
と言いたいところだが、まだ見積もりすら出ていないので、足ふみ状態だ。

経費節約のため、自分たちで直せる所は自分たちでやろうと思う。
そのためにも、早く五十肩が治ってくれるといいな~。

たくさんの人が集ってくれる空間になるよう、手を掛け、出来上がる過程も十分に楽しみたい。
[PR]
by tarakosun | 2015-11-08 18:32

五十肩

数か月前から、右肩が五十肩になり、
痛くて痛くて、
運動したり(朝のNHKテレビ体操とか)、温めたり、薬を塗ったりと、
いろいろやってみるのだけど、イマイチ改善しない。

息子に筋肉反射で調べてもらったら、
原因は「両親への怒りの感情」だそうで、
改善策は、なんと「趣味」。

改善策を問いかける時に、
「運動」、「栄養」、「ヒプノ」と聞いても「NO」だったので、
苦肉の策で、「趣味」と聞いたら、「YES」だった。

「はぁ?、趣味で肩がよくなる?」

トールペイントが合うのか?

ホントか?筋肉。

でも、そう言われると、
集中するからか、終わった後、瞑想した時のようなすがすがしい気持ちになる。

あまりの早い進み具合に、教室のみんなから驚かれているが、
何ということはない、ためらわないだけだ。

「失敗したらどうしよう」と考えていないから。
…というか、本番と思ってなくて、いつも練習だと思っているから、リラックスしていられるのかもしれない。

人生も、毎日が練習だと思えば気が楽だ。

そんなことを言うと、「本気度が足りない!」と叱られるかな。

だったら、本気で練習すればいいことだ。

トールペイントの作品は、現在2作目。
表札に取り掛かっている…。でももう出来上がる^^

次回作は、大きな看板を作る予定。
大きすぎて、教室のみんなに迷惑かけるかも。。。

でも、これで肩が治るなら、いいこと尽くめだ。

腕が上がらない私に代わって、夫が洗濯を干してくれるしね。
[PR]
by tarakosun | 2015-11-04 17:29

フリーエネルギー

フリーエネルギーとして、「トーラスエネルギー」が注目されている。

そしてすでに、トーラスエネルギーを使ったモーターが開発されているそうだ。

無料で無限で無害なエネルギーである。
ところが、それらの情報は公開を妨げられているらしい。

「スライブ」という映画にその解説がなされている。

フリーエネルギーのことだけではなく、
なぜ格差が起きるのか?
この世界を支配しているのは誰か?
など、興味深い内容が盛り込まれている。

2時間以上ある動画なので、お時間のある時にご覧ください。
[PR]
by tarakosun | 2015-11-02 09:02

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記