婚活セミナー2回目終了

19日土曜日、江南区文化会館で、婚活セミナーの2回目を開催し、
楽しいうちに、あっという間に終わってしまいました。

最初から最後まで、参加者の前向きな姿勢を感じ、
私の方がエネルギーをもらいながら進められたので、名残惜しい気持ちです。

お申し込みは、女性8名、男性8名の定員ピッタリでしたが、
残念ながら当日体調不良で欠席された男性が2名おられ、計14名でのセミナーでした。

現代結婚事情、恋愛の心理的仕組み、ミスマッチが起きる理由、コミュニケーション、
そして、「すべてのカギは自分の内面にある」という流れから、
自分を受け入れていく方法や心理ワークなど、4時間近くの時間をかけて取り組みました。

みなさん、真剣に参加してくださり、
最初緊張感があった会場も、だんだんと打ち解けて、明るいエネルギーへと変わっていきました。

アンケートの集計によれば、
みなさん、「婚活セミナー」というタイトルとは若干イメージが違い、
それがまたよかったという感想を抱かれたようです。

そのほかにも、

・心理学に触れて興味深かった
・夫婦で聞いてほしい内容だった
・もっと多くの人に知ってほしい
・自分が解放されていくようで楽になった
・婚活だけではない、人間関係すべてに役に立つものだった などの感想をいただきました。

中には
・心理ワークが面白かったので、もっとやってほしかった
というリクエストもいただきまし。

これは、うれしいと同時に意外な感想でした。

というのは、初対面の集まりの場合、グループワークは敬遠されがちだからです。

他者の前で、自分をさらけ出すような感覚がして、
特に日本人は苦手意識を持ちがちなのでしょう。

このような反応からも、参加者がどれだけ前向きかがわかります。

アンケートにもあるように、カップルでこのセミナーを受けたら、二人の未来はかなり変わるでしょうね。

共通の認識が持てないのが、溝の原因ですから、
外部から、心理に訴えられて、共通認識がストンとできてしまったら、
溝はあっという間に浅くなる事と思います。

残りの溝は、愛あるコミュニケーションと「好き」の気持ちで埋めることができますし、
究極は、溝を持ったままでも、その人と居られるようになるかもしれません。

マッチングに軸足を置いた婚活サービスではなく、
「持続可能な結婚を目指す」婚活セミナーであることが、一番の特長だと思っています。


……恋愛・結婚の話をしていると、自分たち夫婦の苦難と喜びの道のりを思い出してしまい、
結果、もっと夫を好きになっていくという、
私自身が一番恩恵を受けることができるセミナーでもあるところが、ありがたいです。

のろけました。
[PR]
by tarakosun | 2014-07-21 11:40

催眠療法の認知

おととい土曜日に、
加茂市全市の小中PTAの講演会の講師で呼んでいただいた。

レジュメに書いてある自分の肩書きを見て驚いた。
「心理・催眠療法士」。

「催眠」という言葉を出すと、ほとんどの反応が「あやしい」なので、
「催眠」という言葉を出さないようにして「心理セラピスト」としてきたし、
友人にも、
「『催眠』って言わない方がいいよ。『催眠療法士』と言うなら『ヒプノセラピスト』の方がいい」
と言われたこともあり、耳触りのいい名称にしなければと思っていた。

でも同時に、「催眠療法がもっと理解され、広まっってほしい」と願ってもいた。

それで、一時はそのジレンマに悩んだこともあったけれど、
別に、私が催眠療法の運命を背負っているわけでもないのだし、
こういう使命感は、劣等感が根底にあることが多いので、「や~めた」と思い、
とにかく、依頼された仕事を丁寧にやることだけだと思い直した。

その講演会には教育長さんまで来られていたので、
この会がかなり大きな事業であることがわかり、さらに驚いたのだが、
そういう場に、「催眠療法士」を前面に出して紹介してくださったことが
本当にうれしかった。

思いがけなく手渡されたプレゼント。

しばらくそのうれしさに浸っていたら、
ふと、「催眠療法を前に出せなかったのは、他者の目線ではなく、私自身であり、私の自信のなさ」。

「でも、その自信のない中で、ここまで来たな」。

そんな言葉が浮かんだ。

では今、自信があるのかと言えば、「あるようでないようで」という感じだろうか。

催眠療法が万能だとも思っていないし…。

そんな中でも、どこかに、ちょっとした確信ができたのかも知れない。
そして、その結果としてもらえたプレゼントなのかも知れないと思った。
[PR]
by tarakosun | 2014-07-07 08:54

~「甘え」について~

「甘え」の本当の意味は、
あなたに足りないところがあるから頼るということではない。

あなたが自分の足でしっかりと立ち、
周りの人の愛を感じながら、その中にいること。


あなたは、あなたの周りにいてくれる人の顔をよく見たことがあるか?

周りの人がどんな思いでいるのか、ちゃんと見なさい。
[PR]
by tarakosun | 2014-07-04 19:47

あなたがたは孤立と言うが、私にはその意味がわからない。

なぜなら、人は孤立などできないからだ。

あなたの命だって、父親と母親がいなければ生まれなかっただろう。

孤立しようにもできないのだよ。

それでもあなたが「ひとりだ」と言うのなら、
それは、あなた自身が独りになったと思っているだけだ。

c0149187_1938115.jpg
[PR]
by tarakosun | 2014-07-04 19:40

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記