<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ジェンダー規範が夫婦関係をこわす!?

日本は、「男は仕事、女は家庭」という性別役割意識が強い国。

年齢が高くなればなるほど、この考えに賛成する人が多くなる。

新潟市の意識調査の結果、
全体としては、若干反対派が増え、ようやく過半数を超えたが、
北欧諸国が男女共、8~9割が反対しているのに比べれば、かなり低い。

統計を、男女別に見てみると、
女性は賛成が約3.5、反対が6.5であるのに対し、
男性は、賛成約5.5、反対4.5で、男性の方が、性別役割を肯定している人が多い。

この統計のズレが、夫婦のズレとイコールなのではないかと思う。

ましてや、夫の給料は右肩上がりに上がらなくなり、
子どもの高学歴化による、大学全入時代となれば、
女性も働かなくてはならなくなるから、
「女は家庭」ではなく、実態は、「女は家庭と仕事」ということになる。

そうなると、妻の夫への不満は蓄積していくだろう。

それだけでなく、
このはっきりした役割分担は、人の自立を妨げてしまうという弊害もある。

男性は、経済力は持てるが、自分の身の回りのこと-料理、洗濯、掃除が上手にできなくなる。

子育てや介護など、妻か女のきょうだいに任せればいいと考えている人が多く、
自分の子どもや親であるにもかかわらず、何もしようとしない、することができない
-父親にも、息子にも、夫にもなれず、会社人間としての自分しか持ち合わさなくなり、
自分の人生は、会社のものとなる。

女性は女性で、家族の健康管理と夫の出世、子どもの学歴が自分の手柄と言わんばかりに、
すべてを家族に投入していく。

仮に夫に不満を持ったとしても、
経済力がないから、離れることができない。

社会性を身につける機会を得られず、狭い価値観で子育てに専念することになり、
自分の人生は、家族のものとなる。


この古い価値観は、戦争の時代の遺産。

世界から争いが亡くなった日は一日もないけれど、
少なくとも、現在の日本は戦争をしていないのだから、
もういい加減、その枠から離れよう。

そして、統合の時代を迎えた今、男女の統合も起きようとしている。

お互いの違いを認め合い、尊重し合い、自分にないものを吸収すること。

それが、これからの方向性。

統合の動きには、例外はない。

意識と無意識、自己と他者、シャドーと適応人格、公と民、内と外、子どもと大人、仕事と遊び
光と影、見えるものと見えないもの…。

こうして、統合によって、新しいものが生まれる。

これを「人類の進化」と呼ぶのではないだろうか。
[PR]
by tarakosun | 2012-01-30 12:07

信じる力、疑う力

「いい」と言われるものを、何でも信じて試してみる人と、
「いい」と言われても信じない、「いい」と言われるほど怪しいと、離れる人。

…どちらが幸せか。

人生は体験しかないのだから、
とりあえず、何でも試してみるのはおもしろい。

でも、世の中の多くは、
「そんなの、だまされやすいおめでたい人だ。
ちゃんと物事を見極める目をもたなくては」と言うだろう。

「幸せ」と「おめでたい」はどう違うのか。

では、いつまでも見極められなかったら、
もしくは、見極める目そのものが曇っていたら、
その人は結局、「疑う」という体験しかできなかったことになるのではないだろうか。

自分は「賢い」と思い込んで、
何でも信じてだまされる人を笑いながら、
結局、自分は「疑う」以外、何も体験していない。

そして、そのことに気づいてもいない。

「おめでたい」と言われ、
実際には、結構、だまされることもあり、
散財したりしてもいるけれど、
でも、その人はいつも楽しそうにしている。

その人には、いつも誰かが情報を持ってきてくれる。

最短で、最低のコストで、最高の結果につながることを
私たちは求めるけれども、
人生は、本当に欲しいものにたどり着くための、
取るに足りない体験でできているように思う。

「失敗」など存在しない。
ただ「体験」があっただけ。

その、取るに足りない、ちっぽけな体験のひとつが欠けただけで、
本当は、ゴールに辿り着けなかったんだよ。

だから、どんな体験でも、やった者勝ち。

そうやって見ていくと、
「おめでたい」とさげすまれる人が、
「賢い」こともあるかもしれない。

心のフィルターが澄んでくると、
今までと逆の価値観が浮かび上がってくるから。

社会から優遇されない人たちが、
経験豊富な魂だったり、
問題の人が、
本当は、キーマンだったりね。

どんどん見え方が変わってくる。

まるで、オセロで角を取ったときのように、
さっきまで黒だったものが、次の瞬間は白になっている。

おめでたい人は、それをおもしろがって見ているが、
賢いと思い込んでいる人は、
「黒だったはずだ」、「黒じゃないなんておかしい」と言って、
まるで目の前のコマが見えていないかのように言い張っている。

自分の目で、今起きていることを、そのまま見よう。

思い込みではなく、事実を見よう。

その目は、疑いすぎる人にも、信じすぎる人にも必要。
[PR]
by tarakosun | 2012-01-24 22:25

過去は変えられる!?

交流分析の提唱者エリック・バーンは、
「過去と他者は変えられない。でも、現在と自己は変えられる」と言いました。

そのとおりです。

セラピーを受けるということは、
そのことに気づいたということになります。

私を含め、セラピーを受けようと思うときというのは、
周囲のせいにしていても、何ら苦しさは改善せず、
望んだように相手が変わるはずもないので、
むしろ不満が募るだけという状況になったときです。

セラピーを受けるということ自体、「自分を何とかしよう!」と決意した状態です。


でも、そう思ってセラピーを受けたのに、
催眠療法では、過去を変えることができる、そして、なぜか自動的に周りも変わっていくということです。

なぜそうなるのか。

もちろん、選択してしまったことは変えられませんが、
その選択してしまったことの受け取り方、感じ方が変わっていきますし、
何より、潜在意識には、「時間がない」から、
「過去」も「いま」にあるから、過去に簡単にアクセスできるんですね。


セッションの中で、「書き換え」という方法を取ることがあります。

実際の出来事が変わったわけではない、ただ、イメージで書き換えるだけ。

それが、何の役に立つのか。

実は、人の脳は、記憶する回路とイメージする回路は同じなので、
ありありと感情を感じやすい状態(催眠状態)で、
イメージすると、あたかもそうだったような感じがしてくるのです。

もちろん、記憶が書き換わるというのではなく、
イヤな感情を伴っていた過去の出来事が、
思い出しても、その感情が薄れ、「どうでもよくなる」ような感じになるのです。


催眠療法では、過去は変えられるのです。

過去のとらえ方が変わると、自己否定感がかなり減り、気持ちが明るくなります。

オセロゲームに例えると、
過去の黒が、1つ白に変わっただけで、
現在の白との間にあった黒が、
全部白に変わっていくようなイメージです。

催眠療法は、それほど強烈なセラピーです。

私が、催眠療法のスクールに通っていたとき、
毎回、新幹線の中でお腹の調子が悪くなっていたように、
クライアントさんも、セラピーの1~2日前から、
頭痛、発熱、下痢などに見舞われる方が結構いらっしゃいます。

古い自分を守りたい意識が、
変化を察知して、反応するのです。

また、セラピーの継続中も、古い感情が出てきたりして、
つらくなることもあります。

よく言う、「好転反応」です。

スクールの時、先生が、
「必ず具合の悪い人が出ます。もしそうなったら、這ってでも来てください。
それは、セラピーが効いている証拠です。楽になる過程で起きることですから、安心して来てください」
と言っていました。

実際に、クラスメイトで、簡易ベッドに横になりながら受講した人がいましたし。

恐るべし、潜在意識です。
そして、知れば知るほど不思議なセラピーです。
[PR]
by tarakosun | 2012-01-16 09:10

成人式

昨日は、二男の成人式でした。

式典に参加するため、この連休はバイトを入れず、
7日に帰ってきて、きょうの夜には帰るそうです。

大人の仲間入りをした息子。
でも彼を見るときには、赤ちゃんの時からの姿を見ているような気分になります。

「いま」の中に「すべて」があるような感覚。

思えば、2回目の子育てといえども、本当に未熟な親でした。

変な価値観に縛られて、がんじがらめになって、
目の前のこの子を、ありにままに見てあげることができなかったように思います。


子どもってえらいですよね。

そんな親なのに、「お母さんが一番好き」と言ってくれるんですから。



子育てをしながら、どうしても、親にどうされたかを思い出しますね。

それが「感謝」になることもあれば、「反面教師」になることもある。

「親のようにできない」こともあるし、「親のようになりたくない」と思うこともあるし。

結局、どちらに転んでも苦しいのです。

セラピーでたどり着くのは、
「親も、自分と同じように器用には生きられなかったんだ。
でも、その中でできることはしてくれたんだ」という思いです。

そして親との間の溝が埋まり、愛されていたことを思い出すと、
「今の自分で生きていける。生きていこう」と思えるようになるのです。

が、子育ての苦労を体験して、親の大変さがわかったからと言って、
親と和解したと思ってはいけないようです。

親との和解は、もっと時間がかかる、奥深いもの。

「許さなくちゃ」という思いからは、本当の許しにならないのですね。

「許し」は、自分を愛することができるようになったとき、
ふとやってくるものだから。

親との和解は、自分との和解に他ならないのです。
[PR]
by tarakosun | 2012-01-09 15:25

八日目の蝉

昨日ふと、「明日はDVDを観よう」と思って、何にしようか考えていたら、
なぜか、永作博美が思い浮かびました。

「特にファンというわけでもでもないのになぁ」と思ったまま床に入り、
気持ちよく眠ってしまいました。

今朝、いつもの朝番組を観ていたら、
ゲストに永作博美が出ていてビックリ。

DVDを観ようと思ったことすら忘れていたので、
これはやはり「観ろ!」ということだなと思い、
早速レンタルショップへ。

番組で言っていた映画を借りようと、
あちこち探したのですが見つからず、
(…すぐに見つかった試しがありません)
店員さんに「『八月の蝉』ありますか?」と聞くと、
すぐに「こちらです」と案内してくれました。

よく見ると、「八月の蝉」ではなく、「八日目の蝉」でした。

店員さん、よくぞ案内してくれました。


そして、映画は…。

泣きましたぁ。

人間、何てみんな悲しいのだろう。
何て弱いのだろう。そしてその弱さが悲劇を生んでいく。

でも、生み出されたその悲劇を、
一人ひとり生き抜いていく。

その強さは何なのだろう。

それは、過酷であればあるほど際立つ、
愛してくれた人たちの思いのようです。

このDVD、オススメです。
[PR]
by tarakosun | 2012-01-05 16:51

2012年

いよいよ2012年が幕を開けました。

ここ10年くらいは激動の期間でしたが、
それを過ぎ、今年辺りから、ようやく落ち着いた流れがやって来そうな予感がします。

落ち着くというよりも、「上書き保存」が自動的に行われるというような感じがするのです。

過去の思い込み、怖れていたもの、快楽に感じていたこと、周りの人との交流など、
それらすべてが、本来のバランスを取り戻して、元に戻っていくというか…。

例えば、以前に縁のあった人と再会し、
さらに深くつながったり、
物事の感じ方が変わったり、
以前の自分と違う反応をしたり。

この変化は、少し前から始まっていたのですが、
何だか、最近は加速しているような気がします。

親との葛藤が改善されると、願望が叶いやすくなるので、
(小さいとき、すべてを与えてくれていたのは親です。
だから「親に与えてもらえなかった」という思い込みがあると、そのような現実をみることになります。
逆に、その思い込みが転換され、「私は与えられていた」とわかれば、与えられる現実が起きます。)
いろんなことが、思ったよりも早く展開するようになりました。

一度やってみたかったことを、躊躇しないでやっている。

結果は度外視して、そんな自分になっているように思います。

そうなったのは、失敗への怖れが減ったのも関係していますね。

今まで繰り返し頭の中で再生されてきた、
親の「だから言ったでしょ」という言葉が再生されなくなり、
むしろ、チャレンジしている自分を頼もしく感じるようにすらなれました。

2か月ほど前まで、自分を信じるって何?どんな感じ?」と思っていたのに、です。

親が、私の両脇を支えてくれている感覚が感じられるようになったのです。

いろんなセラピーを通して、
親との関係の改善に取り組んできた結果、ようやくここまでたどり着きました。

ホント、時間のかかる人です。

「正しい」を振りかざして、周りを裁き、関係を絶ち、
傲慢で、人のありがたみがわからない…。
その根底には、「得体の知れない怖れ」と「いい子でいなければならない義務感」。

そんな人間だったので、なかなか自分の「正しい」から自由になることができなかったんですね。

だから、人を断罪していい気分になっている人を見ると、
自分を見ているような気持ちになってしまいます。

自分を見ているような気持ちになって、
つらくなったり、腹が立ったりするということは、
その自分をまだ私自身が許していないということ。

自覚はしたけれど、まだ自分に統合していない部分ということです。

こうやって、回りの人たちが私の無意識に存在している闇を見せてくれるんですよね。
ありがたいです。

しばらく、この課題に取り組んでいくことにします。

自分に「いいんだよ」と言ってあげながら。


さあ、明日は仕事始め。

セラピーの度に泣くので、目の下が赤くはれてしまい、
「こんな職業病もあり!?」とビックリですが、
セラピーは共感が命なので、
涙が出るのは、いい状態ということ。

保湿クリームを塗りながら、
今年も、出会いを楽しんで仕事をしたいと思います。
[PR]
by tarakosun | 2012-01-03 17:30


催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記


by tarakosun

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

つぶやき

画像一覧