<   2008年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧

母の催眠体験

「神世界」というヒーリングサロンが摘発され、メディアを賑わせていた頃、
ヒプノスクールに通っていた私に、
「あんたも変な宗教にはまって大金をつぎ込んでるんじゃないの?
レイキなんていうヒーリングもやってたし」と言い始め、
千葉に住んでいる姉にも相談したり、ひとりで大騒ぎをしていた母が、

「私も催眠やってみるわ」

と言い出しました。

今までも、催眠への誤解を解こうと、「やってみればわかるから」と
再三誘っていたときは、「そんなのしたくない!」と強固に拒んでいたのに、
自ら言い出すとは…。


【母の幼児期退行】
T:(催眠状態に誘導)…小さかった頃の楽しかった場面にいきますよ。
  何か見える?

C:何も見えません…。
  あっ、家の外にいます。何をするともなく居ます。

T:何歳ですか?

C:7歳です。

T:家の中に入ってみましょう。誰かいますか?

C:下のきょうだいが二人。

T:お母さんはいますか?

C:いません。畑に行っています。
  …あっ、裏口から帰ってきて、足を洗っています。

T:お母さんはどんな人ですか?

C:働き者。やさしい。

T:お母さんはあなたを愛してくれてる?

C:(うれしそうな表情で)はい。抱っこしてくれます。

T:お母さん(他界しています)に言いたいこと、伝いたいことはありますか?

C:(うなずきながら)何の親孝行もできなくてごめんね。(号泣)

T:それを聞いてお母さんはなんて言ってる?

C:笑って、「ありがとう」って。

T:そう、よかったね。お母さんに伝わったよ。

C:(泣きながら)うん、うん。

(しばらくこの感情を感じてもらう)

T:お父さんは?

C:仕事に行っています。

T:お父さんが帰ってくるところまで、時間を進めていきますよ。
  どんな感じ?

C:お父さん、帰ってきて、私とお風呂に入ってくれています。

T:お父さんはあなたを愛してくれてる?

C:はい。いつも一緒に寝てくれて、お風呂も一緒です。
  
T:お父さんに言いたいことある?

C:頭が良くて、偉い役職に就いているので、何不自由ない生活をさせてもらえて…。
  ありがたかった。でも、39歳で早死にしたから…。

T:じゃあ、お父さんに39年の人生はどうだったか聞いてみたら?

C:「しあわせだった」って。
  仕事も…子どもたちをかわいがることが出来て、しあわせだったって。(号泣)

T:よかったね。大切に育ててもらっていたんだね。
  お父さんにもお母さんにも愛された宝物の時間が、
  あなたの人生の中に確かにあったんだね。
  このお父さんとお母さんときょうだいとのしあわせな時間をもっと味わって。
  どんな気持ち?

C:しあわせ。

T:そう、しあわせな気持ちなんだね。じゃあ、このしあわせな気持ちをもっと感じていきましょう。

(ここで、このポジティブな気持ちを現在にもってくるヒプノのテクニックを使う)

T:では今度は小さかったときのつらかった場面に行くよ。
  どうなってる?

C:(顔が歪んで、泣き出す)15歳。作業服を着ています。

T:じゃあ、仕事場なのかな?

C:わかりません。

T:今、どんな気持ち?

C:仕事がつらい。でも、父親が亡くなって、下のきょうだいを私が養わなければならないから…。

T:学校は?

C:女学校に進学する予定だったけど、行けなくなったので、母親が学校にそのことを伝えました。

T:15歳で、作業服を着て、きょうだいのために一生懸命働いているんだね。

C:「(泣きながら、何度もうなずく)

T:お母さんはそのことどう思ってる?

C:子どもを働かせなければならないなんて、不甲斐ないと思っています。


(感情を十分に感じ、出来事のとらえ方を変えるテクニックを使って癒していく。
そして、インナーチャイルドとの出会いの場面をつくる)

T:15歳のあなたは、どんな表情をしている?

C:つらそうな顔。

T:今のあなたが15歳のあなたに言いたいことがあったら伝えていいよ。

C:よくがんばったね。(泣く)

T:15歳のあなたに、
  「今まで一人にしてごめんね。あなたのつらかった気持ち、私はわかってるから」っていってあげて。

C:「ちゃんと、わかってるよ」

T:「あなたが働いてきてくれたお陰で、たくさんの人をしあわせにしてあげられたんだよ。
  あなたのつらかった気持ちや体験は、ちゃんと人のためになって、生きたんだよ」って伝えていいよ。

C:(うなずきながら、号泣)「もう一人にしないから、また会いに来るから」


その後、母のインナーチャイルドは癒されて、笑顔で帰って行きました。


催眠から覚めてもなお、あふれてくる涙をふきながら、
「親に会えてよかった」としみじみ言いました。

翌日、小さい頃の楽しかった記憶が次々出てきたようで、
たくさん話して聞かせてくれました。

今まで、苦労話しか聞いたことがなかったので、
聞く方の私も、驚きとほのぼのとした気持ちが混じったような感覚で聞きました。

そして、15歳で作業服を着て働く母親の姿を思い浮かべたら、
私もまた、涙があふれてきました。

中島先生のヒプノスクールは、
クライアントと一緒に感情を味わっていくので、
こちらも一緒に泣きながらセラピーをすることになるのですが、
終わってからも泣くのは、あまりないことです。
自分の時くらいですね。

以前は親を愛すことが出来なくて、批判ばかりしていましたが、
母の人生に触れ、苦労を知ることで、
母に対してというよりも、同じ人間同士として、
「お互い苦労はあるけど、一緒に生きていこうね」という気持ちが
心の深いところから、泉のようにわき上がってきました。

人を癒すことは自分を癒すことにもなるんだな~と
ヒプノの奥深さをさらに感じたセッションでした。

そして、何歳であっても、懐疑的であっても、すぐに催眠状態に入り、
順調にセッションが進んだことは、セラピストとしての自信につながりました。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-31 15:37

病院での出会い②

これは、他の患者さんの付き添いさんとの話。

ずっと、付き添いを仕事にされてきた方と話す時間があり、
なんの脈絡からか忘れましたが、
「私は母親と仲が悪かったのですが、いろんなことがあって、
今は付き添うことが喜びなんです」と言ったら、

「そうですか。私も娘には恨まれていると思います。
娘は東京に住んでいるので、たまにしか会わないんですけど、
いつも冷たい態度なので、恨んでいるんだとわかります。
私がこの仕事をして、忙しくしてきたからだと思います」と話してくださいました。

「実は私、催眠療法をやっていて、私のように
親子関係に問題を抱える方が多いのを感じますけど、
でも、娘さんは恨んでいるのではなくて、逆に甘えたいのではないでしょうか」などと、
生意気と思いつつ話しました。

社会全体の生活レベルや学歴が上がっていく時代では、
「人並みの生活」をするのに、夫一人の稼ぎではやっていけなくて、
母親も生活のために一生懸命働く。
でも、子どもはいつでもそばにいて欲しいので、
その要求がかなえられないことから、親を否定してしまうんです。

大人になって、「親も大変だったんだから」と頭で納得しようとしても、
無意識の中にある体験と感情は変えられないので、
結局、同じようなことで親子げんかを繰り返すということになってしまいます。

自分が親になって、親と同じような体験をすると見方が変わるのですが、
私のように、「親のようには絶対なりたくない」という思いから、専業主婦になったりすると、
結局、平行線のままだったりするのでしょう。

私も再就職して、「子どもために働く」という体験をしてから、
両親、そして夫への理解や感謝が飛躍的に深まりました。

やはり人は、体験から学ぶしかないんですね。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-31 13:52

病院での出会い①

母の入院の日、20年前に亡くなった父の仏前に
「母が少しでも苦痛が少なく、快適にいられるように見守ってください」と手を合わせました。


隣のベッドの方と話していたら、
話し方が、私が生まれた町の方言に似ていたので、
聞いてみたら、やはりそうでした。

その町のことが共通の話題になって話が弾み、
母は、「いい人たちと同じ病室でよかった」と言って喜んでいました。

ところが、いろいろと話をしていく内に、
父と一緒に働いていた事があるとわかったんです。

「え~っ、○○さんの奥さん?
○○さんと一緒の時は、いろんな遊びを教えてもらって、
ホントに楽しかった。おもしろくて、いい人だったよ」。

実際父は、お酒は飲めないけど、
飲んだ人以上に陽気で、周りを楽しませ、
公務員になる前は、映画館の看板描きをしながら、演劇をやっていて、
「笑いを振りまく男」というタイトルで新聞に出たこともある人。

そしてその方は、私の顔をジッと見て、
「そういえば、お父さんによく似てるね」と言っていました。

こんなところで、こんなつながりがあるなんて…。

母は入院前、万が一のことを考えていたらしく、
私に、親戚や知人の連絡先や、寺の電話番号、
生命保険の事などを一生懸命教えていたんです。

でもこの方のお陰で、不安な気持ちが、かなり緩和されたようでした。

この巡り合わせは、父のお陰でしょうか。


この方が、また、スピリチュアルな方で、
「宇宙の法則」…的な本を愛読していて、
「目の前のこの茶碗も人の思いで出来ているんだって、最初聞いてもよくわからなかったけど、やっとわかるようになったよ」と話していました。

「いつから目に見えない世界に目が向いたのですか?
病気になってからですか?」と聞くと、
「私の息子は障がい者なの。その子を何とかしたいと、エゴでいろいろやって、
そしていつの間にかそういうことに向かっていたんだよね」と教えてくれました。

人生いろいろ。
どんな人にも試練があり、その時に受け取るものはその人次第なんだと思いました。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-30 22:28

母 退院

心配した癒着もなく、
予想する中で一番いい状態だったお陰で、
昨日、無事退院することができました。

日中は自分の家に、
夜はウチに泊まっています。

今の医療は、一昔前と全く違い、
退院したら、買い物など普通にして、
なるべく動いた方がいいというやり方なのですね。

開腹手術なので、思いものが持てないくらいで、
後は、通常の生活をしています。

昨夜、突然母が泣き出し、
「生きて帰れると思っていなかった。ありがたい」と言って、
何度も涙をぬぐっていました。

以前の母からは想像がつかないことです。


1週間の入院生活の中で、
不思議なことがたくさんあったので、
少しずつ紹介して行こうと思います。

それから、
母がヒプノセラピーをして欲しい(!?)というので、
先ほど幼児期退行のセラピーをしました。
二人とも涙、涙でした。

そのことも後日書いていきます。


話は替わりますが、
おとといの夜、夫に「今夜、あなたの夢に入っていくからね~、おやすみ」と言って寝たら、
翌朝、「お前が夢に出てきた!」と言って、超能力者を見るような目で私を見ました。

私が言ったことを事実にしたのは、私ではなく、あなたです…と言おうと思ったのですが、
「ほら、私の言うとおりになるんだよ」と言っておきました。

夢の内容は、ちょっと公開できないようなものなので、秘密です。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-29 21:53

しばらくお休み

母親に付き添いますので、数日お休みします。

理解し合えないと思っていた親の看護を、
喜んでできる状況になったことに感謝です。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-22 22:00

命にかかわる病気?

長い話になります。あらかじめ…。

約3年前、股関節の痛みで整形外科に行ったところ、
精密検査となり、整形外科的な疾患ではなく、
臓器の疾患だということがわかり、
さらに専門医にかかって検査することになりました。

検査までの間にいろいろ調べると、
がんであった場合、
「痛みがでるのはステージⅡで、5年後生存率60%台」ということばが目に飛び込み、
目の前が真っ暗になりました。

夫に話すと、
「悪い方に考えない方がいいけど、もし、がんだったら告知はどうする?」と聞かれて、
「しないで。聞いただけで生きる気力がなくなるから」と答えました。

さらに夫は「でも自分の人生だよ。ちゃんと知って、準備をした方がいいと思う。
それに、ひとりじゃないんだよ。オレがずっと一緒なんだよ。それでも?」と聞きました。

答えは、保留になっていますが。

そして検査。

一応は良性なのだけれど、がん化することがあるし、
血液が溜まっていくため、定期的に検査をしていくとのこと。
根本的な治療法もないし、薬もない。

その結果を聞いて夫は、いつの間にか念入りに調べて、
中国でしかつくっていない漢方薬を手に入れてくれました。

私は、その漢方薬を「夫の愛」と思って、毎日、60粒飲み続け、
その甲斐あってか、数値が良くなっていったのです。

でも、薬が高価なことと、数値がよくなった安堵感から、
薬をやめてしまいました。
そうしたら、また悪い結果に…。

その時、ちょうどマリーゴールドの井上先生に出会い、
ホメオパシーを始めることにしたのです。

井上先生は、話をよく聴いてくれて、
「夫さんの漢方薬は愛だから、摂り続けて大丈夫です」とも言ってくれ、
感情に対応するレメディも処方してくれました。

一時よくなってきたように思ったのですが、
また腫瘍マーカー値が高くなり、
ここまでくると、経過観察ではダメで、
ホルモン治療をしなければならないと言われました。

井上先生に伝えると、
「数値上悪くなることもあるけど、その治療はダメージが大きいので、
なるべく避けたいから、ちょっと待って。もう少しレメディを続けて」とのアドバイス。

そして信じて続けて、今、とってもよくなりました。
医師が「どうしてだかわからないけど、大きさも数値もよくなってる」と言っていました。

ホメオパシーとの出会いも大きかったけれど、夫の「ひとりじゃない、オレが一緒にいる」という
言葉が何よりも支えになりました。

マザーテレサが「ここにいる人たちは、病気で亡くなっていくことがつらいのではなく、ひとりなのがつらいのです」と言いいましたよね。

そのことを身をもって感じました。

いろんな事があったし、
完治したわけではないけれど、
今、こうして生きて、夢や可能性に向かっていける自分を、
しっかり感じていこうと、あらためて思っています。

死と向き合っている人に思いをはせながら。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-21 19:35

女性性を育てる

女性性はエロス
男性性はロゴス(=意見)とも言われ、
ユング心理学では、
男性性を「アニムス」
女性性を「アニマ」といいます。

もちろん、両方がバランスよく統合するのがいいのですが、
社会が、競争や効率に偏重すると、
世の中全体が女性性を欠き、殺伐としてしまいます。


そんな中で生活していると、
女性もアニマを育てるより、アニムスに偏ってしまい、
議論をしたり、知識で人を論破したりすることには長けるけれど、
分が悪くなると、とたんに貧弱なアニマを持ち出して、
「だって、私だって○○なんだもん」などと、
情に訴えるやり方をとるようになってしまうらしいです。

なんか、私のことを言われているようですが…。

これからは統合の時代。

明らかに日本男性は、アニマが育っていないので、
女性を認め、女性から学びながらアニマを育てていったほうがより柔軟に生きられるし、
女性は、アニマ、アニムス、どちらかに偏っている人が多く、
お互いに反目しているように見えるので、
シスターフッド(女性の連帯)を取り戻さなければならないと感じます。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-20 20:59

発芽

畑に植えたミニ人参とスイートバジルの種が発芽。

見落としそうなくらい小さい芽だけど、確実に育っているんだなぁ。

小学校の授業では、「水と光、適温があれば植物は育つ」と習ったけれど、
特に「光」がカギらしく、
一説によると、太陽には、植物を育てるプログラムが光に仕込まれているそう。

なるほどな~。

でも考えてみたら、「土」も不思議だ。
たぶん、鉱物と同じくらい古くから、地球と一体化して存在し、
その土と種や苗が出会うと、今度は種側の成長プログラムが発動するのだから。

昨日の水泳で、かなりの筋肉痛に見舞われたため、
如雨露すら重く感じながらも、
暑さでぐったりした苗にたっぷり水をあげました。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-19 21:01

ひさびさの運動

大きなテーマを乗り越える時に、
瞑想をしたり、本を読んだりしたら、
かえって陰にこもって、きつい状態になってしまいました。

中島先生のブログを開いたら、
先生の「ハートメッセージ」に
「感情が大きく動くときは、瞑想などで心を落ち着けるよりも
身体を動かした方が、地に足がつきます」という言葉があり、
「そうか!運動した方がいいんだ!!」と
ようやく重い腰を上げて、プールに行って泳ぐことに。

中島先生ブログ↓

http://www.heal-hearts.com/cgi-bin/msg.cgi


ホント久しぶりの運動。

仕事柄、毎日ケージ飼いの鶏のように
机の前に座って、パソコンと見つめ合っているので、運動はゼロ。

強いて言えば、通勤の自転車10分と、徒歩15分のみ。

かなり落ちているだろうな~と覚悟して、アスパークへ。

やはりきつい。
25メートル泳ぐだけで心臓がバクバク、腕がブルブル。

でも続けていると…あれっ、いい感じ。いける。

泳ぎはじめて30分くらい経ったら、
身体が馴染んできて、
いつまでも泳いでいられるような感じが訪れました。

自分の呼吸と水の音だけが聞こえて、
身体が自動操縦的に反応して泳いでいる…そんな感じ。

これは催眠状態…。

ずーっと泳いでいると、
とっても幸せな気分になってきて、
ハイヤーセルフと一体になっているような感じに。

「運動は身体の瞑想」という言葉があるけれど、
ホント、そうなんだな~。

そんなになまってないじゃんと思ったのも束の間、
ゴーグルの跡がいつまでもとれない…老化やな。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-18 18:41

子どもの権利

今は、女性問題にかかわっているけれど、
並行して子どもへの暴力防止にもかかわってきました。

学校などで実施する、CAP(子どもへの暴力防止教育プログラム)のスペシャリスト
の資格を取って、10年ほど経ちます。
今は、仕事とヒプノに絞っているので、活動を休止していますが…。

このCAPと出会ったお陰で、私の子ども観はとても変わりました。
子ども観だけではなく人間観、世界観も変わったと思います。

10年前、下の子は5歳。
まだまだイライラさせられていましたが、
まず子どもを叱らなくなりました。
そして、子どもの話をよく聴くようになりました。
それと、子どもに自己選択の権利を委ねました。

子育ての世界を見ると、
相変わらず、学力・学歴偏重で、
みんな同じレールの上に乗って、落ちないようにしがみつきながら、
それもすごいスピードで走っている…そんな状況。

90点取っても、「どうしてここ間違ったの?もう少しで100点だったのに」
といわれる世界です。

子どもを叱咤激励し、
コミュニケーションではなく、「~やったの?」という事務連絡。
子どもの人生を親が決めている感じです。

セラピーの中で感じるのは、
感情エネルギーは、時間が経っても無くなりはしないということです。

人生で大事なのは、
結果ではなく、「感情」と「体験」だから、
感じることを許され、表現を許され、どんな感情も認めてもらえること。
そして、その時しか味わえないことを体験できることを保証してあげなければ
自分を生きた気にはならないでしょう。

「今、苦労しておけば後で楽になる」という観念で、
今楽しむ事を許されない子どもは、いつ楽しめるのでしょうか。

子どもには、今年の夏休みには、今年の夏休みにしかできないことがあるし、
今年の友達と体験したいことがあるのです。



共感してもらって、その時その時、感じきっていけたら持ち越さないのですけどね。

そのためには、子どもの「感情」を、聴いてあげることしかないのです。
それも、否定しないで。

だって、感じたことを感じるなと言ったり、
そんな風に感じるのはおかしいと言われても、
感情エネルギーはもう存在しているのですから。

それも、その感情エネルギーのもとは、「命」ですから、
否定されても困るのです。

なかったことにはできないのです。

CAPで学んだことが、ヒプノにもつながっていました。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-17 16:26

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記