自分らしく生きる

自分らしく生きるというのはどういう生き方か
わからずに悩んでいる人がたくさんいるようです。

年代も、10代~30代まで幅広いように感じます。

悩んでいる人から、
「あなたは自分らしく生きていると思いますか?」と
聞かれることもあります。

「自分らしく生きる」をテーマにしたセミナーも
多く見かけますよね。

毎日が生きることに必死だったりすると
「自分らしく」なんて考えることもなく、
ただただその日を過ごすことで精一杯になりますが…。

私はどうかというと、
「そんなことは考えない」という状態と言ったらいいでしょうか。

頭の善し悪しで悩む人がいるとしたら、
そういう人は、そこにこだわっているということなので、
しょっちゅう、その基準を持ち出してきますが、
悩んでいない人は、
そんな基準は持ち出さないですよね。

それと同じです。

そう言う私も、ちょっと前までは、
強迫観念のように問いかけていました。

問いかけ続けて、
疲れてきて、
もうどうでも良くなったんですね。

考えないようにするより、
とことんこだわってみればいいのかもしれません。


とことんこだわり行動をさせる知り合いの園長先生がいます。

その先生は、土ばかり掘っている男の子に
やりたいだけやらせる保育を実践しました。

その子は、考古学者になったそうです。
[PR]
by tarakosun | 2008-09-16 21:24

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記