ひさびさの運動

大きなテーマを乗り越える時に、
瞑想をしたり、本を読んだりしたら、
かえって陰にこもって、きつい状態になってしまいました。

中島先生のブログを開いたら、
先生の「ハートメッセージ」に
「感情が大きく動くときは、瞑想などで心を落ち着けるよりも
身体を動かした方が、地に足がつきます」という言葉があり、
「そうか!運動した方がいいんだ!!」と
ようやく重い腰を上げて、プールに行って泳ぐことに。

中島先生ブログ↓

http://www.heal-hearts.com/cgi-bin/msg.cgi


ホント久しぶりの運動。

仕事柄、毎日ケージ飼いの鶏のように
机の前に座って、パソコンと見つめ合っているので、運動はゼロ。

強いて言えば、通勤の自転車10分と、徒歩15分のみ。

かなり落ちているだろうな~と覚悟して、アスパークへ。

やはりきつい。
25メートル泳ぐだけで心臓がバクバク、腕がブルブル。

でも続けていると…あれっ、いい感じ。いける。

泳ぎはじめて30分くらい経ったら、
身体が馴染んできて、
いつまでも泳いでいられるような感じが訪れました。

自分の呼吸と水の音だけが聞こえて、
身体が自動操縦的に反応して泳いでいる…そんな感じ。

これは催眠状態…。

ずーっと泳いでいると、
とっても幸せな気分になってきて、
ハイヤーセルフと一体になっているような感じに。

「運動は身体の瞑想」という言葉があるけれど、
ホント、そうなんだな~。

そんなになまってないじゃんと思ったのも束の間、
ゴーグルの跡がいつまでもとれない…老化やな。
[PR]
by tarakosun | 2008-05-18 18:41

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記