布ナプ

石油製品のナプキン(もちろん紙おむつも)が、
ゴミ問題だけではなく、
身体にも「経皮毒」という形で大きな負荷をかけることを知り、
布ナプキンを探していました。

そうしたら、ナチュラルライフフェスティバルで売っていました。
もちろん、即、購入。

5年程前から興味をもっていたのですが、
知人にそのことを話したら、
「え~っ、そこまでするの!?」と言われてしまい、意気消沈。

紙ナプは清潔で上品、布ナプは野蛮。
そんな方程式がその人の中にはあったのでしょうが、
それだけで意気消沈した私も似たり寄ったりです。

でも、とうとうゲットです。

お店の方の説明を聞いて、
さらに理解が深まり、惚れ込みました。

洗うときに、血液がさらっときれいになるならOK。
もし、なかなか落ちなかったり、濃度が濃いようなら、
「この1か月、大変だったんだね」と、自分をいたわってあげてください…
というお話や、
そのうち、排泄と同じように、眠っているときや活動時には量が減り、
トイレに行くと外に出る、というようにコントロールできるようになるとのこと。

考えてみれば、昔の女性たちは、着物の下には下着をつけていなかったわけで。

明治時代の女性は、
ほとんど間をおかずに出産していたということもあるかもしれませんが。

「オニババ化するオンナたち」という本だったかな。
タイトルが正確ではないかも知れませんが…
まるで男のように生きるオンナが増え、
それに伴って、女性の生殖器の病気も増える
と書いてありました。

ユングの言う元型に照らし合わせると、
「アニムス(男性性)」が表に出て、
男性のように戦い、意見を言うことにばかりエネルギーを使って生きていると、
女性性が低級なまま、なおざりにされていくような状態と同じ感じでしょうか。


性別は、アイデンティティーから切り離すことができない重要な要素だから、
月のリズムを身体にしっかり感じながら、
自ら選んで女性に生まれたことの意味を感じ、楽しんでいきたいと思いました。
[PR]
by tarakosun | 2008-04-30 21:08

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記