心的現実

先週は土日、スクール。

今まで、毎回お腹をこわしていたが、今回はやっと大丈夫になったようだ。

授業の最初は、「シェアリング」といって、1か月の変化を出し合う時間をもつ。

その時に、先回のブログに書いた「母の意識」の話をして、
「母の真実がわかってラクになりました」と先生に話したら、
「それは、お母さんの真実ではなくて、あなたの無意識の中にあった別の見方です。
つまり、あなたの真実なんです。これを“心的現実”といいます」
という答えが返ってきた。

そうなんだ…。
母の真実ではなくて、私が、感じていながら忘れていた真実なんだ。

確かに、口では「誰のために苦労して働いていると思ってるの!」と言っていたが、
働くことに誇りももっていたようだし、母の職場に行ったときのはつらつとした表情も思い出した。

ヒプノセラピーは、過去に起きた現実を癒すのではなく(これは不可能だし)、
まさにこの心的現実を癒していく心理療法なのだ。


今回の単位は「前世療法」だった。

その報告は追ってまた。
[PR]
by tarakosun | 2008-02-28 21:15

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記