母の意識、子どもの意識

この前の授業での退行催眠。

小さかったときの辛かった体験の場面に退行したとき、
小学校2~3年生の時、夜、隣で寝ていた母のすすり泣く声で目を覚ました場面に行った。

仕事のことで泣いていると思われるのだが、
母を泣かす職場の大人たちに対する怒り、
子どものために苦労しながらも働く母へ、わびるような気持ちなどがわき上がってきた。

しばらくその感情を味わった後、セラピスト役の人に
「お母さんの意識にかわっていくよ」と言われた瞬間、母の感情が感じられた。

「あれ~、違う」
思わず口を突いて出た。

「仕事は大変だけれど、自分の力で、家や土地を手に入れることに誇りを感じている」
「泣くとスッキリするので、自分なりのストレス解消法」
…という、母の本音。

子どもの私が感じた悲壮感がないではないか!

私の思い込みで、今まで、母の中に悲しみを感じていたのだろうか。
または、母は、口ではそんな風に子どもに伝えていたのだろうか。

母に反発しながらも、離れることができなかった共依存関係が
このセッションで終わっていった。

また自由になった。
[PR]
by tarakosun | 2008-02-19 21:29

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記