ツイテル

最近、シンクロも起きるけど、とにかくツイテルことが起きる。

まずは電車時間でのこと。
子どもの学校で講演会があるということで、
職場を早退して電車に乗ったら、強風のために運転を見合わせる電車が続々出て、
結局、私の乗った電車も1時間近く遅れて発車した。

もちろん講演会は行けなかった。
でもこの講演会は、案内を見たときは行こうという気持ちがあったけれど、
当日になったら聞かなくてもよくなって、行くのをやめようかと思っていたものだったから、
あまり残念には思わなかった。

ところがその後の電車は軒並み運休か、大幅な遅れで、
バスに替えた人もいるほどだったらしい。

いつも私が乗る電車で帰っていたなら、夕食の準備ができないような時間に
着くことになるところだった。

先日は、娘のことで手続きがあり、いつもの快速に間に合わず、
やむを得ず次の電車にしたら、その快速は運休になっていた。

そして昨日は、買い物をしていたら、次の電車の時間を過ぎてしまったので、
30分後発の快速に乗ろうと駅に行くと、その快速は吹雪のため運休に。
その次まで待つとかなり遅くなってしまうな~と思いながら改札口の方に行くと、
乗り遅れたはずの電車が3番線に止まっているではないか。

ちょうど1番線も2番線も電車がいなかったから見えたのだ。

急いで乗ると、アナウンスがあり、
他の電車の連絡待ちのために遅れていたことがわかった。

そして、おととい行った足ツボのお店で。

世間話をしているうちに、セラピストさんが、「姉さんが悩んでいるんです」と話し始め、
なんだか私はカウンセラーような感じになってしまった。

「なんでお客さんにこんなことまで話してしまったんだろう」などと言いながらも、
どんどん話が進み、
15分のコースだったのに、結局45分、手を止めることなくマッサージしてもらうことに。

私がヒプノセラピストを目指していることを話し、
催眠の効果などを説明して、プロのところへ行くことを勧めたら、
「ちょうど、昨日スタッフに姉をカウンセリングか何かをうけさせたいと話していたんです。
きょうここに来ようと思ったのはどうしてですか?
あまりにもタイミング良すぎて不思議です。
姉を救いたいのだけれど、たぶん耳を貸さないだろうから、まずは私が体験してみます。
よかったらやってもらえませんか。あなたにやってほしいです。」

…ということで、
練習セッションをさせていただけることになった。

さらに、マッサージ料金は追加なしの1050円。

なに?この巡り合わせ。この幸運。ついてるぞ。

もしかしたら、見たくもないこころのよどみを見て、
少しずつだけど、きれいになるように精進していることへの天からのごほうびなのだろうか。

とにかく、ありがたく受け取って、そして周りの人たちにも返していこうと思う。
[PR]
by tarakosun | 2008-01-25 18:32

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記