胎児の記憶

胎児期の記憶について書いてある本を読んでいたら、
クライアントが胎児期に退行するということが起きた。

シンクロニシティーか。

その本によると、胎児というのは非常に無防備で、
母親の感情を直接的に感じ、
父親の感情も、母親ほどではないが感じている。
起きている出来事も感知しているということだ。

無防備ゆえ、例えば母親が、他の人に感じた怒りの感情を、
自分に向けられたと勘違いすることもあるという。

考えてみれば、子どもは生まれるとき、たったひとりで
見知らぬ場所にやってくるのだから、
親に受け入れられるかどうかは死活問題だ。

だから、ちょっとした親の感情にも敏感になり、
「私は生まれてもいいのだろうか」「愛してもらえるだろうか」と、
絶えず心配しているのかも知れない。


胎児期の記憶…。

胎児は、脳の発達が未分化だから、記憶などできるわけがない。

それが、従来の科学者たちの見解だ。

では、退行催眠でクライアントが語ることは、作り話なのだろうか。

クライアントの記憶とその親の体験が、一致していたらどうなのだろう。

記憶があるのか、ないのか。


…私は、どちらでもいいと思う。

でも、「胎児はわかっている」と認識した方が、平和になると思う。
生まれてくる赤ちゃんに周りが優しくなるから。
もちろん妊婦にも。

わからないからといって、
いないように扱ったり、適当にあしらったりするのは、
相手が誰でも、いいことではないのだから。
[PR]
by tarakosun | 2008-01-15 18:17

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記