バシャール、おのころ心平氏対談

自然治癒力学校代表のおのころ心平氏の新刊、『未来人に教えてもらった病気の秘密―人類に病気がなくなる世界』は、
宇宙存在のバシャールとの対談が掲載されている。

その一部がYouTubeにアップされていて、その内容がとても興味深い。


「病気は、その人本来の生き方からズレた観念が引き起こす」。
これはユングの考えにも共通している。

私自身も、自分の病気や不調を通じてそう感じる。

例えば、「人生には苦しみが必要だ」というような観念。
以前の私もそうだった。
つらい出来事を自分の勲章にして、よく苦労自慢をしていたし、
人と同じようにやれない自分を責めて、かなり無理をして来た。

結果、身体を壊して、大好きな仕事を失い、家族に心配をかけてしまったのだが、
陰は陽の始まりで、そこから私の観念の転換が始まった。

バシャールは、その観念に気づくためのツールとして、ヒプノセラピーというワードを口にしていて、
さらに、簡単に観念を修正する方法としては、波動医療だと明言している。

ヒプノセラピーという古くてアナログな方法が、バシャールから語られるとは考えてもみなかったので、
思わず心の中で手を合わせた。

そして、波動医療。
波動とは周波数のこと。
音叉ヒーリングも周波数を整える。
これまたうれしい。

ドイツなどでは、すでに波動医療が行われていると聞いたことがあるが、
やはり医学先進国だな~。

日本にもその波が来て欲しい。



[PR]
by tarakosun | 2018-08-02 10:24

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記