3回目の身体調律

4月半ばから左肩に痛みがあり、
日を追うごとにどんどんひどくなって、マッサージに行っても治らず、
仕事や運転に支障をきたすほどの痛みやだるさになってしまった。

困っていると、身体調律の先生から新潟での出張調律の案内が。

即、予約です。

調律が始まり、先生の口から出た痛みの原因とは?
なんと、ヘルペスウイルス。

表面化すると帯状疱疹になるが、中で活性化しているとのこと。
ビックリです。

こういうことってあるん?

整形外科に行ってたら、こんな診断、絶対にないよね。

いろんなウィルスの写真を指差すよう言われ、
それを、先生が指を動かしながら、YESかNOかを観ているようだ。

…不思議でしかない。

先生は、ウィルスをどんどん取ってくれるのだが、なかなかしつこいようで、
最後は、「これ、久しぶりに使うな~」と言って、カタカムナ文字が書かれた紙を取り出した!

ナニ、ナニ?なんでここでカタカムナ?

先生が説明してくれたのだけど、全然理解できなかった。。。

…で、痛みはどうなったかというと、
翌日からもっと痛くなって焦ったけど、1週間経ったら8割痛みが取れました!

そしてきょう。
「熱を出せばウィルスは死滅する。肩の筋肉を激しく動かすことで熱を発生させろ」と、体が言ったような気がしたので、
「肩の筋肉?そうだクロールだ」と思い立ち、夕方からプールへ。

ひたすらクロール。

帰宅したら、9割痛みが取れていました。
これまた不思議です。

[PR]
by tarakosun | 2018-06-25 21:27

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記