前向きに見えるらしい

私のこれまでの決断は、いつだって「○○したい」ではなく、
「○○せざるを得ない」という選択肢だった。

それが、人にはとても前向きな選択をしているように見えるらしく、
「すごいね」とか「どんどん進むね」とか言われ、
「そうではないんだよ。
よくなるための選択ではなく、悪くならないための消極的な選択だから」と伝えるものの、
どうも信じてもらえず、時に別扱いをされへこむことがある。

リスクを取らず、利益だけ取ることはできないんだよ。
ただ、そのリスクを負ってでも、やるかやらないかしかないんだよ。

私の場合は、やらなければ崖から落ちそうだったから、
「落ちる以上のリスクはないよね」と考えて、崖っぷちの草を掴んだまでだ。

いろいろ人のことを言うのは、まだ崖っぷちまで来ていないんだな。
選択を迫られていないんだよ。
崖っぷちなんて、味わいたいものじゃないからね。

でも、崖っぷちで掴んだ草に、一生を支えてもらえるってこともあるあるよ。


[PR]
by tarakosun | 2017-03-01 17:09

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記