旦飯野神社

今年4月12日の記事に書いた「わの舞」の集まりに、同じく新潟から来られていた女性Mさん。
そのMさんからメールがあり、「会いませんか?」とお誘いをいただいた。

そして先日、8か月振りにお会いできた。

Mさんが指定した待ち合わせ場所は、水原?笹神?にある「旦飯野神社駐車場」。
「あさいいの神社」と読む。

意外で、そして興味深い待ち合わせ場所に、やっぱりスピリチュアルな方なんだな~と楽しくなった。

「旦」とは、朝陽が昇る様。「飯野」とは、お米が採れる場所という意味らしい。

当日は、みぞれっぽい雨で冷え込んでいたが、
この神社が凄すぎて、一気に心があたたかくなった。

まず、拝殿の中に入るのは自由。

ちょうどご祈祷があったからか、
こじんまりした、でも掃除が行き届いた拝殿内は、暖房が点いていて暖かかったし、
お札もお守りも絵馬も、「代金はお賽銭箱へ」という緩さ。

御朱印やヒトガタだって、どこでも有料なのに無料。

それだけではない。
お神酒も飴も「ご自由に」、という太っ腹。

私たちがいる間にも、何人もが訪れていて、
中には若い女性が熱心にお参りしていたりと、地元の人に慕われていることが伝わって来た。

また、敷地内にはいくつもの小さな社があり、
中でも、拝殿裏の大きな石は、なでると願いが叶うと言われているのだそうだ。

また、その向かいには、
「陰陽」か「男女」を表したと思われる丸い石と尖った石が並んで置いてある。

生活道路に面したローカルな場所だが、見どころ満載のパワースポットだった。

さて、Mさんとのことに話を戻すと、
わの舞は、忙しさに紛れていつしか気持ちが薄れていたので、
何を話していいかわからなかったが、
お会いして、神社を参拝して、ランチをしたら、
カタカムナのことや、奇跡のリンゴの木村秋則さんのことなど、
いろいろと共通の話題があり、すごく楽しかった。

お互い、素性もほとんどわかっていないのに…。

そして、一緒にイベントをやろうということに。

大変そうだけど、やれるか不安だけど、ワクワクして来た。

あの頃、ふと思いついて栃木のわの舞に行き、
「タオコード」の著者、千賀一生さんにも会え、
そこに新潟からMさんが参加していて、
時間が経っていたにもかかわらず、出会いを大切にしているMさんのお陰で、こんな体験ができて…。

人生がまた変化しそうだ。
c0149187_2305236.jpg

c0149187_2311480.jpg
c0149187_232154.jpg
c0149187_2322086.jpg
c0149187_2324214.jpg

[PR]
by tarakosun | 2015-12-19 23:07

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記