波動?

先日、興味深いセミナーを聴くことになった。

アロマオイルのセミナーと聞いていたのだが、
波動とは何か、またどうやって測定するかという内容だった。

波動測定装置で尿を測定することで、
臓器の陰陽エネルギー、体液・ホルモン・重金属や毒素、栄養などの状態を数千項目調べることができるそうなのだ。

「波動」というと、興味はあるがどこか胡散臭い感じもしていたのだが、
講師の種本武司さんは、農水省の土壌改良委員会の委員をされていた方と知り、あっさりと信頼を深めた。

波動数値は、-20から+20まであり、
波動16以上の農作物を食べることで、長期入院の患者さんが2週間後くらいには退院するという事例が出だしたことから、
委員会では、そういう作物には治癒能力があるのではないかという認識のもと、
以降13年検証を重ね、確信に至ったそうだ。

波動16というのは、「ゼロ磁場」といわれ、陰を陽にし、陽を陰するレベル、つまり奇跡が起きるレベルだそうだ。

昔の赤ちゃんは16だったが、現代の赤ちゃんは5~6。
10以下は「半病人」の状態とのこと。

では大人は?

ほとんどの人が「3」で、
「2」は動けないレベルなので、「3」はうつ状態だそうだ。

波動とは生命エネルギーであり、免疫力。
波動が低いと、意識も低くなる。

「低い意識」とは、今までの古い考えに執着し、手離さない状態。
そして、ネガティブな思考は、体液を酸化させ、波動を下げるそうだ。

…耳が痛い。

また、肺呼吸で酸素を取り入れ、皮膚呼吸で素粒子を取り込んでいるそうだから、
口に入れるものだけでなく、身に付けるもの、塗るもの、場の氣にも目を向けたほうが良さそうだ。

それから、決断できない人は、腰椎の3番が曲がっているとのことで、
良質なオイルマッサージ(レインドロップテクニック)で改善が期待できるそうなので、
近々、習いに行こうと思う。

自分で自分はできないが。




[PR]
by tarakosun | 2015-02-12 08:23

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記