働く意味

「ブログ、読ませてもらっています」。
そんなうれしい言葉をかけていただいた。

これからはもっと頻度を上げて書いていこうかな。



「なぜセラピストをしているのか?」と問わて、
「子どもの時から、人の気持ちが読めてしまう能力があったんです。
過去生でシャーマンをしていたこともあり、人々の意識を覚醒させることが自分の使命と気づき、
今までの体験も、すべて今につながっていたんだなと思います」

そんな風に答えられたらカッコイイかもしれない。

実際はどうなのかと自問してみた。

出て来た答えは、
「生きるため」。

「生きる」にはいろんな意味がある。

生計を立てる
子どもに教育の機会を与え、育てる
自分を開拓する
社会の中で自分を生かす…。

こう書いてみると、
結局、自己満足の為だけに仕事してる感じがするし、
「生計を立てる」とか、結構、泥臭い。

自己満足。
あまりいいイメージのない言葉だが、
自己満足を求めない生き方なんてあるんだろうかと思う。

自己満足という底支えがあって、
他者満足の域に入っていけるのだとも思う。

そして、もうひとつ言えるのは、
万が一、宝くじの高額当選しても、働き続けたいということ。

買ってもいないけど。


…で、なぜセラピストになったのか。

セラピストという職種は、私の選択肢には皆無だった。

でも、先が見えない時期に、いろんなタイミングや出会いが重なって、
目の前に立ちはだかっていた霧が薄らいだ時、
そこにあったのがこの職種だったということ。

それでも、「仕事」にできるのかは「未知」。
自信ゼロ。
逆に、逃げたくなった。


逃げたくなったが、生きていくためには何かしなければならなかったから、恐る恐るやり始めた。
そんな、頼りない出だし。

振り返れば、この「未知」が自分の「道」になるのかと思う。



そして結果、私が救われた。

セラピストとして働くことで、私自身が救われているんだ。

セラピーの場では、私がクライアントさんを救っているように見えるが、
実は、互いに自分で自分を救っている。









[PR]
by tarakosun | 2015-01-29 10:20

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記