私のこと

自分が抱える何か重たいものの正体を知る術もなく、

自己肯定感が低く、

「いい人」であることでその穴埋めをしようとし、

実力以上の自分を生きようとしていた。

そんな状態だから、

常にいっぱいいっぱいで、

被害者意識が強く、そのくせ傲慢。

何かあればすぐに、内面で自己憐憫に浸り、

外側では他者批判をしてしまう。

…これが過去の私の状態。


自己否定を抱えながら、いい人を生きるのはとてもしんどいことだ。

こんな作業は不毛と言われるかもしれない。

偽善かもしれないし、博愛主義と揶揄されたこともある。

でも、人の役に立てることがうれしかったし、

何より、こんな自分を生きてきたことで、

ものすごく心の体力がついた。

自分の限界を超えられた。

自分の行為というのは、圧倒的な説得力をもつ。

「動機がどうであれ、あなたはやったんだよ」と。

だから、そんな自分に今、「ありがとう」と言いたいと思う。


もし、今、私と同じように生きている人がいたら、

私からもあなたへ、「ありがとう」と伝えたい。
[PR]
by tarakosun | 2014-01-26 11:17

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記