立ち直る…

気が付けば、2か月以上更新していなかった~。

7月の末に孫が生まれ、その後に、近所で独り暮らしをしている母親の体調が悪くなったりして、
なんだか急に身辺が慌ただしくなってしまった。

母と過ごす時間が長くなったら、あることに気づいた。
母には、突然に人の弱点を突くことを言う癖があるということ。
例えば、過去の失敗だったり、忘れたい黒歴史だったり…。

それが、どういうタイミングで、何を目的にしているかわからないが、
無意識なのだろうから、その思惑は、本人にもわからないことと思う。

この前は、
「ほら、あの人、なんていう人だったけ。○○の家の人」。

この段階で私はフリーズした。

過去に大きな裏切りをされ、名前すら口にしたくない人のことを言っていたから。

でもここで知らない振りをすれば、「ほら、○○の人」と、
次々質問し、結局「Aさんね」と言わざるを得ないだろうと思い、
喉から絞り出すように、その人の名前を口にした。

その時の苦しさが想像以上だったもので、
その自分の反応に愕然としてしまった。

「私は全然立ち直っていなかったんだ」
こんな言葉が頭の中でこだました。

その後、かなり落ち込んだ。

母は、私が彼女とのことで体を壊すほど苦しんだことを知らないで言ったのか?
それを確かめなければと思い、率直に聞いてみた。

答えは、
「知ってたよ」、だった。

そう、知った上で私に振って来たのだ。

それが重要な話につながるならまだしも、何の脈絡もない話だから、なおさら合点がいかない。

「わかっていてなんでそんなこと聞くの?」
「それを聞かれた私の気持ちは想像できる?」
そう聞いたら、その質問には答えず、「私はそんなことも考えられないバカな親ですよ」と、今度は逆切れだ。

大人げない母だが、翌日、母のことはもうどうでもよくなっていた。
なぜなら、私は母のようになっていないし、
子どもを苦しめる捨て台詞などとは無縁で生きているし、
これからもずっと、そう生きることを選択し続ける自信が持てているから。

それより自分を圧倒していたのは、「私は全然立ち直っていなかったんだ」という内側の声だった。

束の間、ひとりで泣いた。
絞り出すような声が漏れた。

それから車を出し、景色のいい道をしばらく走ったところで、自然と口から出て来た言葉に、
また驚いた。

「つらかった~」だった。

過去形だ。

泣けたことで最後のストッパーが外れた感覚。
やっと、気持ちが過去にしてくれたんだな~。

この結末を見るということは、母は、私が立ち直りを完成するために、憎まれ役を演じただけだったのか?

表裏一体の法則は、ここでも働いていた?
いや、いつだって働いているだろうよ。









[PR]
# by tarakosun | 2017-10-06 21:46

コミュニケーション

コミュニケーションの技術…。
学んだりもしたが、感情が反応してしまうので、なかなか上手に伝えられず、
時には、思いと全く反対に受け取られることもあり、難しい。

そうなるくらいなら、むしろコミュニケーションを取らない方がまだ関係は保てると思ってしまい、臆病になる。

ところが、そう簡単でもないわけで。
表現しないでいると、相手と気持ちがしっくりいかないままだから、やはりつらくて、関係を続けることが苦しくなる。

「どちらかが我慢している関係は、必ず、ゆっくりと死んでいく」。
これが鉄則だそうだから、表現して、伝えるしかないんだね。

でも、
自分の思いが伝わらないのって、コミュニケーション技術だけの問題なんだろうか。

「相手が何を言ったか」だけでなく、「誰が発した言葉か」が大きく影響するのではないだろうか。

同じ言葉でも、言う人によって捉え方が変わるものだ。

本当に耐えてきた人が、今は笑顔になって、「耐えるだけが人生じゃないよ」と言うのと、
ぬるい体験しかしていない人が、「耐えるだけが人生じゃないよ」と言うのでは、響き方が全然違う。

結局、コミュニケーションがうまくいかないというのは、
自分の生き方が、その言葉の次元に到達していないからなのではないかな。

特に、ある程度お互いを知った間柄であればなおさらだと思う。

コミュニケーション技術や言葉の使い方を磨くと同じくらい、
それを使うにふさわしい体験を積むことも必要なんだろう。





[PR]
# by tarakosun | 2017-07-31 13:30

「わかってほしい」という思い

『「自分のことをわかってほしい」という思いは、誰もがもっている基本的な要求だし、
そう願うのは自然なことだよ。

でも、だからと言って、それが叶わないと、途端に自分を憐れむってどうよ?

その前に、あなたは自分をわかってもらう努力をした?

あるがままの自分の感情を伝えることができず、
強がったり、「正しい」を振りかざしたりして、カモフラージュしたんじゃない?

であれば、相手に誤解されても仕方ないよね。

自分から発信することなく、「察して!」と思うのは、周りに甘えているだけ、
自立していないんだよ。

それに、「私のことをわかってくれない」と周りを責めるけど、
じゃあ、あなたは周りの人を理解しようとした?

自分を被害者に仕立てて、周りを切り離したのはあなた自身でしょうよ?

そもそも、あなた自身が自分の本当の気持ちを理解していないじゃない。
自分すら理解できないものを、どうやって周りが理解できるというの?

自分の気持ちでしょうが、自分が理解しないで誰が理解するの?ってこと。

あなたが歩いてきたこれまでの道のりには、いろいろあったよね。
喜びもたくさんあったし、つらいこともたくさんあったね。

どんなにつらかったか、そしてどんなに頑張ったかを周りにわかって欲しいのだろうけど、
その前に、自分がわかってやろうよ。

だって、そのつらさや苦しさを一番わかっているのはあなただから。
あなたが一番にわかってあげなかったら、自分がかわいそ過ぎるよね。』

…こんな内的対話があった。
















[PR]
# by tarakosun | 2017-07-19 21:09

北へ

1年ぶりの北海道。

少しひんやりとした風が、よりさわやかさを引き立たせ、
「北の大地に来た~」という実感を与えてくれる。

札幌、美瑛、青い池、富良野と回った。

平日にも関わらず、どこも結構混んでいたな~。

特に富良野は、ラベンダーが咲き始めていたので、人気です。

いろいろ回り、
自分の体が、土地のエネルギー、自然のエネルギーをまとった気がして、
なんだか清々しい。

c0149187_21270101.jpg
1970年代、日産スカイラインのCMに使われた、
ケンとメリーの木。
なつかし~。

CMソング歌ってたの誰だっけ?

c0149187_21293543.jpg
青い池。神秘的。

c0149187_21334911.jpg
龍は水を好むそうで、
池の上には、龍の顔がはっきり。

c0149187_21305766.jpg
富良野のラベンダー畑。
いい香りが漂ってた。

[PR]
# by tarakosun | 2017-06-29 21:37

第8期セミナー終了

「自分自身のセラピストになる講座」も8期となり、
その8期も、今週日曜日に終了した。

毎回思うのだが、頻繁に会っていたメンバーと会う機会が減るのは、とてもさびしい。

セミナーはたった3日間なのだが、それぞれが自分の意志で「陰」に向き合い、
それを通して「陽」に転じるという変貌をお互いに確認する貴重な時間だから、
まるで旧知の友人のような気持ちになるものだ。

今回は、新しいワーク、新しい内容を入れてみた。

「自分に科した懲役を知る/解く」。
えっ、怖そう。知りたくない。

私たちは、人を傷つけたり、悪く思ったりすると、「ごめんなさい」という気持ちになる。
ちょっとしたことで申し訳なくなる。善人だから(笑)。

そうすると、自分に懲役を科してしまう。
服役期間が終わるまでは、楽しんではいけないような気持ちになったり、
「楽をするのは、償いをさぼることだ」と思ったりする。

私も以前は、かなり長期の懲役をかけていたが、刑期が終わる前に無罪放免に。
だって、模範囚だもん。いやいや、心理療法に出会ったおかげです。

自分で科した懲役だから、自分で解くこともできるんだ。

ところで、みんなのお楽しみ、セミナーのランチはこんな感じです。

お肉を使わないミートソース、自家製パン、玉ねぎのサラダ、大根のポタージュ。
写真はないけど、デザートは、果物盛り合わせ豆乳クリーム添え。

味ちゃんがつくるご飯は、体調がよくなって、お腹の中がきれいになる気がする。

c0149187_22243709.jpg



[PR]
# by tarakosun | 2017-06-21 22:26

催眠療法で人生を癒す、ヒプノセラピストのココロの旅日記


by tarakosun
プロフィールを見る
画像一覧